おまとめローンでショッピングリボの一本化したくなったら?

多重債務者を救済するための商品がおまとめローンですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

完済できる借金があれば整理したほうが有利になりますから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多くても過去の返済で金融事故がなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンはいくつもの金融機関から借金をしている人が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンという名前でアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供している金融機関もあります。

消費者金融は金利が高いことが多く、一方銀行は審査が厳しいというのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

金利は6.3%から17.8%なので少々高めではありますが、銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済総額は、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に自ら金利の計算をして確認しておくことが大切です。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供している金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融よりも銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

何件もの金融業者から借り入れがあると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。おまとめローンで一本化するときに、クレジットカードのショッピングリボも対応しているのでしょうか?

答えは対応しているところもあればそうでないところもあるので、もしおまとめローンでショッピングリボの一本化したくなったら、どこが対応しているのかをまず調べる事です。

カードローンでは与信限度額が高くなるほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査され問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利に働きますが、審査のポイントになるのは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高く個人事業主の方や入社1年未満という方は評価は低いです。

個人信用情報は過去および現在の借り入れ状況を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの返済の負担が大きくなりますのでマイカーローンを含めたアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融の場合、マイカーローンをアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにすることはできないかもしれません。おまとめローンでショッピングリボの一本化したくなったらまずは情報を仕入れることが大事です。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠ということでしたら、利用することはできません。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく即日融資に対応している業者も多くあります。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

おまとめローンでショッピングリボにも対応しているかどうかは金融会社によって違うということはご存知でしょうか?

たとえばモビットやオリックス銀行、プロミスなどはショッピングリボの一本化もできますが、アコムはショッピングリボには対応しておりません。

引用:http://www.urbanwallflower.com/bank/ribo.html

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いので初めてアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

銀行カードローンなので総量規制の適用外ですから安心ですし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

住宅ローンを借り入れる際にカードローンを利用していると不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

借入先が複数ある多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。おまとめローンでショッピングリボの一本化もできるところがあります。

たとえばアイフル。アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

しかも、住宅ローン利用者には優遇金利が適用されたりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。