年収で人気の消費者金融審査情報のまとめ

消費者金融審査は金額が多いと長い

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

お金を借りる方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望場合は、店舗などで申込書をもらってきてから必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

消費者金融はおすすめ

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちでなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高い、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、払い戻しには請求期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。