消費者金融って審査が甘くて金利が高いもの?

簡単に借入ができるのがメリット

と言われている消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちであまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって何のCMだか分からないという声もあがっています。

住宅ローン等、金額が多いローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して借りやすいと評判です。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

消費者金融ごとにまとめてくれているサイトもあれば一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

カードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は躊躇してても、一度カードローンを利用してみると手軽に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。

一昔前は銀行からお金を借りるには時間がかなりかかっていたのですが、近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上を確保し、利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、まんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と呼ばれ、どの消費者金融でも貸し渋りが起きます。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は法律が改善されので、そのような取り立ては行われません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して申し込めると人気です。